国際結婚とは無関係の話です。

 

従業員のマンネリ化を防ぐ事と今後の会社を担う人材を育成していく為にも人事ローテーションと新人の採用が重要になってきます。

一人の担当者が同じ仕事をし続けているという会社は多いのではないでしょうか?
一つの仕事を長期間続けている事により、作業に対する習熟度が高まるというメリットがある反面、担当者が同じ仕事を続けている事でのマンネリ化、知識が偏り応用が効かなくなってしまうなどのデメリットが存在します。
また、同じ仕事をしている間に担当者が昇給していく事により、同じ仕事に対するコストが増加していく事、その担当者が辞めてしまった場合の対応、などの問題も抱えています。

【改善策の内容】
同じ担当者が一つの仕事を続けていく事のデメリットを解消する方法としては、二つの手法が考えられます。
一つ目は人事ローテーションを行う事、二つ目は新人を採用する事です。
一つ目の人事ローテーションを行う事により、前述のマンネリ化、知識の偏り、などのデメリットは解消出来ます。
ただし、コストの増加、後継者問題などについての解決策とは成り得ません。
そこで、それらの問題を解決してくれる手法が「新人の採用」です。
新人はベテランよりも給料が安い為にコストを下げる事が出来、また、ベテラン社員は新人に今まで自分が担当していた仕事を任せる事で、次のステップの難しい仕事にチャレンジする事が出来ます。
しかし、それらのメリットを得る為に、やみくもに新人を採用していては、逆にコストの増を招いてしまいます。
将来を見据えた組織運営していく為にも、バランスの取れた人事ローテーションと新人採用が重要になってきます。

user-pic
0

昨日は妻の友人夫婦と中国から来たその母と5人で焼肉を食べに行ってきました。

先方の旦那以外は中国人です。

会話は主に中国語、日本人の我々は時々<ぼそ>を喋る程度で聞いています。

聞いているといっても何も判らないので、ただ女房に従っているだけです。

アメリカ産の食べ放題を注文しましたが、硬くてたべられません。

もっぱら豚肉、鳥を食べていました。

女房は働き者

user-pic
0

我家の庭が草ぼうぼうで、毎日眺め何もしないでいました。

ある日仕事から帰ってきた妻は、ビニール袋を用意して草を抜き始めました。

一袋では終りません、見る間に4袋にもなってしまいまいました。

その代わり庭は草もないまっさらな状態。 「これからナスを植えるよ」 妻は言います

だれも反対する者はいません、なぜならいじりたがらないからです。

去年まではバラの木が4本植わっていて色とりどりの花が咲いていました。

今年は花を諦めて野菜で食卓をにぎわそうか。

この寒い冬は日帰り温泉に何回も行きました

近所の中国人女性は私の妻と気が合って、今回帰りに焼肉屋に寄ったのですが

その費用も全部彼女が払いました。

妻は中国の習慣でおごられっぱなしと言う訳には行かないというのです。

来週も温泉に行く事になって、その回は私が払う事に決めました

今回の温泉は小高い山の上にあって、そこからは平野が一望できて

眺めは抜群でした。

帰りは焼肉屋により 食べ放題のを注文して 妻は大満足

 

今はお正月

user-pic
0

中国はいまお正月です

妻は中国に電話して、向こうの両親と新年の挨拶をしています

少しでも中国の正月気分を味わいたいと思っているのでしょう、父は「トランプをして

いるよ」と言っているらしいのです。

直ぐ母親と代わりました。「正月はお年玉をいっぱいもらって楽しかった」

などと昔を懐かしんでいます。

やっぱり生まれ故郷はいいのでしょう。

正月映画を見た

user-pic
0

年末の休みに妻とミッションインポシッブルを見に行ってきました

これは中国でも有名で、妻はQQで過去の作品は全部見て良く知っていました。

映画館は外からの飲食物の持ち込みは禁止だと知っていましたが、中は高いので

スーパーでコーラとおにぎりを買って入りました。

最近の映画の作りかたはクライマックスの連続です。15分遅れて入るといきなり

爆破の場面です。音響が家庭で見るのと全く違います。

やっぱり映画館だと感心しました。

露天風呂につかる

user-pic
0

久しぶりに近所に住む<国際結婚した夫婦>と日帰り温泉に行ってきました。

その温泉は30分ほど田んぼの中を走って急に山がそびえる<ふもと>にあります。

弥彦山と言って越後一ノ宮があるところです。

そこに10年ほど前 温泉を掘削したら噴出したのです。若干塩分を含んでいるような気が

しますが、とにかく湯量豊富に湧き出ています。

夫婦一時間の時間を決めて露天風呂に入りました。

それから2組夫婦の楽しい会話と酒盛り、運転はそれぞれの女房が

 

だんだん良くな?れ

user-pic
0

久々に近所に住む中国人女性が遊びにきました。

かの女は忙しいのです、旦那さんが目いっぱいに住宅ローン、自動車ローンを組んでいるので

余裕がないのです。ところが楽天的という無計画というか、彼女はお金が無くても日帰り温泉

に行ったりするのです。その彼女は昼はお菓子工場、夜はマッサージの仕事に行って、マッサージ

はそこで寝る時もあるそうで、朝工場に行きます。

そんな彼女が珍しく休みなのか遊びにきました。実は自分の軽四輪を買ったのを見せに

きたのです。 免許は5回も落ちて、受かった時は本当になきました。

嬉しそうでした。

大陸の気候

user-pic
0

国際結婚して2年目のB子は良くQQを使って中国の母と電話します。

B子さんの出身はハルピンです。 ハルピンはもう今はマイナス10度です。

夏は気温が35度にもなります。6月ころからそんな日があるので春と秋が極端に短く

長い冬が終るといきなり暑くなり、30度を越える日が9月上旬まであるかと思えば

いきなり下旬には0くらいまで下がります。 大陸性気候です。 

しかし 雨が少ないのでマイナス気温でも太陽が出ていてカラッとしているので

過ごし易いと言えます。

妻の軽四輪がやってきました

日本での生活には、特に地方都市では車が無くては成り立ちません。

東京と全く違います

人口が希薄だと公共交通機関が成り立ちません。あっても一方向に少ない本数しか

運転していませんのでなおさら「マイカー」の普及に拍車が掛かってしまいます。

 

そんな訳で我家にも、妻専用の軽四輪がやってきたのです

保険の名義も妻です

自分の収入から払うのだそうです

<自分のこの国(日本)での アイデンティが欲しかった>のだと思います。

中国人から日本人へ

この思いは強かったようです

タグクラウド