文学の最近のブログ記事

甲骨文字

中国通信によると中国の大学入試で古代文字の甲骨文字で論文を書いて提出した学生が

いたそうです。甲骨文字といえば文字と言うより、絵に近いような亀の甲羅や動物の骨に

刻まれた文字です。

試験管も読めなくて不合格にしたそうですが、その後四川大学の入学式に彼は出席していた

そうです。

文字の専門家が調べた結果正しいと分かって、合格にしたそうです。

こいう青年は普通に学科試験は割りと低く、自分の得意分野では異常な興味を示す

傾向にあります。 とにかく将来が楽しみな学生ですね

本屋は

中国に行ってあまり本屋を見かけないのです。

知人に聞いても大きな本屋はありません。

多分出版は共産党体制の中で、後回しにされてきた分野なのでしょう。

書く内容に制限があるから、小説や評論タウン情報などは例えば服装、食べ物、

家電などの分野に比べて20年は遅れてるのではないでしょうか。

本は無いに等しいようでうです。

中国の文字

今日の読売に中国の文字について19日、台湾の馬総統が中国に対して中華民族の伝統的

な文字を使って欲しいと申しいれたと言う記事が載ってます。

中国を旅して私みたいな外国人でも心配です。

それは文字のあまりの簡略化です、楷書ー行書ー草書とルールにのっとって、

簡略化したのではないので文字の被害は甚大なのです。

たとえば業は一番上の横棒から下は削除です。豊は丰になります。親は見が無く辺だけです。

こんな切り取り簡略化ですから、台湾人が中国人の誇りが失われると心配するのも無理

はありません。

最近のブログ記事