日本サッカー協会と八咫烏

日本サッカー協会のマークはなぜ三足本のカラスなのでしょう
明治期日本に最初にサッカーを紹介した中村覚之助が奈良の那智大社の生まれだった。
那智大社は神武天皇が東征の時祈願したところ。
那智大社に伝わる伝説の鳥が「八咫烏」(やたがらす)
それはが三本ある.
協会では中村を記念して大会の前には「那智大社」を参拝した。
そこから八咫烏が協会のマークとなった。

2月11日は神武天皇が熊野から奈良盆地に出て柏原神宮の辺で即位したのを記念
その時八咫烏が天皇の弓に止まった。
今日は建国記念日、紀元節。