3人の作家

船戸与一、内田康夫、浅田次郎
この三人は歳も近いし、売れている程度も同じくらい。
内田康夫が浅見光彦シリーズで一番名を売っているだろうか?
実力は船戸与一が一番であろう
ただ彼は禁忌のテーマに踏み込んだ、
日本軍の南方作戦である。
この泥沼の戦いは船戸の命まで蝕むんだのではなかろうか。
まだこれからというとき病が彼の余命をされっていってしまった・・
とても残念である