2017年2月アーカイブ

ユーチューブで音楽鑑賞

このところ 音楽のユーチューブを見ている。
映画がろくなものが無くなったからだ。
元気が出るクラシック JSバッハとかギター演奏とか、1時間聞き流せる番組、そしてついに桑田の希望の轍」なんかを聞いている。
古関裕而、昭和歌謡、まで「夕日の丘」浅岡ルリ子の出がけの可愛い顔なんかみている。
この音楽シリーズが終わったらどうしよう。
世界の街角散歩も見たし、時間が有り余るのも困ったもの。

古関裕而さんのユーチューブ

古関裕而さんのユーチューブを見た。
ユーチューブは面白い。
普段はやらない古関さんがたっぷり。
高原列車は行く
イヨマンテの夜、
東京オリンピック行進曲
早稲田大学応援歌紺碧の空
などなど。

古関さんの作曲は引き込まれてしまう。
予科練の歌、これは学生の時よく歌った。
思わぬ昔に引き戻された1時間だった、
古関さんが80歳の病床できいていたと言う
リムスキーコルサコフを明日探して見よう。

船戸与一氏

船戸与一  この作家を知っているいる人は多くないだろう。
「風のクロニクル」海外、それも南米、など馴染みのないジャングルを舞台にした小説だ。
早稲田の法学部、71歳 ・没。それも昨年だ。
彼に興味を持ったのは「満州国演義」の大分を発見してから。1巻から10巻まで各400頁もある。
なまじの筆力では書けない。
その彼が亡くなったと新聞の小さな記事に載っていた。
私にとって高倉 健が亡くなった以上に衝撃。
満州国演義
1「風の払暁」
2「事変の夜」
3群狼の舞」
4炎の回廊
5灰燼の歴
6大地の牙
7雷の牙
8南冥の雫
9、10、未刊のまま亡くなった。

3人の作家

船戸与一、内田康夫、浅田次郎
この三人は歳も近いし、売れている程度も同じくらい。
内田康夫が浅見光彦シリーズで一番名を売っているだろうか?
実力は船戸与一が一番であろう
ただ彼は禁忌のテーマに踏み込んだ、
日本軍の南方作戦である。
この泥沼の戦いは船戸の命まで蝕むんだのではなかろうか。
まだこれからというとき病が彼の余命をされっていってしまった・・
とても残念である

今日は12日

今日は12日、 日曜日。
あっという間に建国記念日も終わった。
サッカー協会の三本足のカラスの云われが明治の中村覚之助が日本紹介輸入した事が分った。
「蹴球」と訳した。「けまり」である。貴族の遊び、蹴鞠に似ている。
サッカーで分るのは戦後、明治から百年を要した。
その覚之助が那智大社の付近で生まれたので、戦後国際大会の前に、協会関係者が那智大社を参拝した。
そこで神社伝説の三本足のカラス、「八咫烏」を協会のシンボルマークにした。
日本チームの胸に三本足のカラスが輝く、二千年の伝統が現代に生きる理由である。

日本サッカー協会と八咫烏

日本サッカー協会のマークはなぜ三足本のカラスなのでしょう
明治期日本に最初にサッカーを紹介した中村覚之助が奈良の那智大社の生まれだった。
那智大社は神武天皇が東征の時祈願したところ。
那智大社に伝わる伝説の鳥が「八咫烏」(やたがらす)
それはが三本ある.
協会では中村を記念して大会の前には「那智大社」を参拝した。
そこから八咫烏が協会のマークとなった。

2月11日は神武天皇が熊野から奈良盆地に出て柏原神宮の辺で即位したのを記念
その時八咫烏が天皇の弓に止まった。
今日は建国記念日、紀元節。

我が家の近くの酒屋

我が家の近くに
「満州屋」と言う酒屋がある。
昔は流行ったらしいが、いまはどこのスーパーでも 酒を売っている。
今は不動産賃貸でゆうゆう自適に見える。
ところで満州とはどこだろう。
遼寧、吉林、黒龍江省の東北三省の版図だと思えば良い国の首都は今の吉林省にあった。
わたしが関係するのは百五十年前からロシアが街を作った
ハルピンだ。そこには聖ソフィア教会の塔がそびえるロシアの街、繁華街がロシア風のビルを1キロも残して
面影を残す。
結婚花嫁の故郷はハルピンの田舎である。
250キロはあるが満州では近所に行く感じで村人はハルピンに来る。
この村がなぜ有名か、  それは満蒙開拓団の本部があった村だから、日本人は一旦この村に集合して
それぞれの開拓地に散っていった。
終戦時 ソ連軍がなだれこんでくると開拓民は方正村にだれともなく集まった
1万とも2万ともいう。しかしまとめる者はいない
日本、関東軍は崩壊していた。
満州屋さんは方正村近辺かもしれない。

ポルトガル語の映画

本日の最後、ユーチューブでポルトガル語の映画を見た。
ポルトガル語の映画を見ながら寝ようと思って、パソコンを点けたままにした。
いつも15分くらいで暗くなるのに、今日はいつまでも終らない、
英語の映画なら15%くらい分るので、丁度 睡眠導入剤代わりになるかなと思ってねた。
しかしこのポ語映画は全く分らないのに耳につく、とうとう起き出して切った。
全くわからなくてもロシア語はもう少し耳障りがいい。
中国語は20単語くらい知っているので、もう少しいいかな。

ブックオフで小説を購入

内田康夫  浅見光彦シリーズの作者だ、
土曜日 超暇だ あまりの退屈に本棚を漁り むかしの小説を読むことにした。
「箸墓慕情」これを見つけたのはブックオフだった。
ブックオフでは普通の半額コーナーでは決して買わない。
ポケットの五百円玉と100円を無駄にしないため百円コーナーから離れない。
古本をできるだけ選んで五冊だけにする。
ところが読みたい作家の本がちょうど中古にあるとは限らない。
浅田次郎なんて有名作家はまだ半額だ。
百円に落ちてくるブックオフの基準がわからない。
「霞町物語」なんかまだ半額と百円の両方にある。
だからレジに持って行く時
「これ間違いでした」
なんていわれるかとドキドキする。
レジを無事通過すると「見る目がないね」なんて心でつぶやく。
「ああ 得した」 内田康彦 「箸墓慕情」これなんかもその一冊だ。

トイレの修理をお願いした

今日も雪が降る。
でも まだ2日だから止むをえない。
完全に春が来るまでにあとひとつきもある。
庭が真っ白だ、いつも避寒にきている野良がいない。
この雪の中、どこにいったのだ
昨日はトイレのつまりを直すカイシャの人が徹底的に修理していった」
昨年末から三回目だ」、感心なのは前回の修理代を今回の値段から引いてくれたことだ。
こんな修理係り見た事が無い。
真面目な人がいるもんだ。
雪が降ってからだは寒いけど心は温かい。

今日は介護施設の入浴の日

今日は1週間に2度の介護施設の入浴の日
風呂の介助にも相性がある、背中を流してくれるのも、気に入った人にやってもらいたい。
今日は誰だろう、施設に着くまでだれだか分らない。
今日は髭剃りの一番上手い子だ。
男性の一番大事な部分も洗剤をつけて洗ってくれる。
ちょっと恥ずかしい気がするがここまでくれば任せるしかない
あとは湯船に入って、髭を剃ってもらう、
身体が温まり、髭が綺麗になっていく
まるで天国です。
上がってからはパンツ靴下まで履せてくれる。
きょうは天国の日だった。

ウェブページ

 

リンク集