2013年9月アーカイブ

61歳の男性の結婚

この三連休に新潟空港からクリーニング屋さんがハルピンに飛び立って行きました。
彼は入管に妻の在留許可を申請するに当たって二度妻に会ったという証拠を作るために行ったのです。
私は彼の結婚式の写真のチップを持っていたので、写真にして空港に持っていったのです。
彼は61歳妻は42歳、とても美人な女性です。
なぜこの女性が61歳の男性と結婚を了承したのか本当の理由は分りませんが、だれでも心の中まで覗き見る事はできません。
表面の現れた態度でクリーニング屋さんも女性も判断して単純に喜べば良いのではないかと思っています。
人間は中国人でも日本人でもそうです。
とにかく空港でアップルティを飲んでいろいろこれからの人生の予定を聞きました。退職金共済に掛けているお金が満期になったら妻にあげるなんて話をします。
61歳の春にこちらも温かくなりました。
「空港の出迎えはこちらが電話して確認しましたよ」
と言うと安心してゲートをくぐって行きました。

チチハルの女性

台風18号は全国に被害をもたらしました。
京都嵐山は良く知っているとこなのでびっくりしました。
読者の皆様は大丈夫でしたか?

さて先週日本に在住の中国人女性が結婚したいと訪ねてきました。
在日の中国人の女性は問題がある場合があるので注意して観察しました。
「どこで働いているの?」の聞くと鋳物工場といったので、少々意外に思いました。
そこは新潟市の1500度にもなる現場らしくて熱くて大変な職場です。
女性写真は「花蓮社長日記(9/13)」に掲載してありますのでご覧になって下さい。
あまりにすっきりした性格で気に入ってしまいました。
ぜひいい男性に紹介したいと思ったので改めて書く次第です。
38歳、満州のチチハルと言ってロシアに近い人口250万の北の都会です。
船戸与一の小説に出てくるので、記憶していました。
農民出身ではなく彼女は教養の高い女性なので今の環境から抜け出るのを手伝ってやり
たいと思ってしまいまいした。写真を見て応募して下さい。

東京オリンピック 決定

東京オリンピックが決定しましたね。日本に<祭り>の希望が出てきましたね。私なんかは第一回東京オリンピックを良く覚えている世代ですが、世の中には全然しらない世代が増えています。トルコには感激しましたね、イスタンブールが落選した直後だというのにトルコ首相が
祝福にきました。飢餓状態の隣国が当選にケチをつけているのと大違いですね。明治期トルコの軍艦が紀州沖で難破したのを明治帝が彼の国まで送り届けたのが親日の始まりだそうです。こんど立候補したら投票してあげましょうね。時に昨日花嫁が来日しました。
男性は朝4時に起きて名古屋から出迎えにやってきました。私も10時ころ空港まで行き、名古屋男性と久々にあいました。喫茶店で時間をつぶすうちに花嫁が到着しました。男性はセルシオに乗って直ぐ名古屋に出発。私はちょっぴり寂しい。