2011年1月アーカイブ

日本商社に勤める女性

日系商社に勤める女性が応募してきました。 花蓮社長ブログに一足先に載せましたので

見て下さい。 写真も載っていますので見る事が出来ます。

私が引かれたのは応募動機です それは日系商社に働いて、日本人の仕事に対する真面目

さと、責任感の強さでした。 漁業関係の商社で魚の冷凍に問題が発生した時、日本人は

徹夜で問題を処理したのを彼女は見ていました。 こんな民族は中国では見たことが無い

と日本人に憧れを抱きました。 普通OLが商社マンに触れるうち日本人の調和を大切に

する気風も知りました。 こんな彼女が今度応募してきました。 

誰か日本人の気風を見せて下さい。

中国の金融危機

中国の金融危機が5年以内に来ると予想するアナリストが45%を越えてきたのです

マンションの値上がりはすさまじく、田舎町でも3倍に値上がりしています。

これは買った人がたとえ2倍で売ったとして、元手は倍になって不労所得が入ってきた

事になります。 この影響は花嫁の考え方にも影響を与えています。 なにも日本に行かなくても

中国で十二分に生活できる人が増えてきています。 なにごとにも例外がありそうでない人

もいます。 たしかに花嫁の応募は減っています

日韓サッカーは

日本の華字新聞によると 日韓サッカーの試合はPK戦でメンタルの差がでたと報じています

韓国ははずしたらどうしようと言う気持が強く、最後の1本は自ら外してしまいました。

日本はというと「インタビューでも冷静に応じる力がある」と書いています。

いつもの中国もサッカーではまだ後進国ですから、メンタル面も出来ていないと

言っています。 中国は国の面子が掛かると異常に興奮しますから、メンタル面は

むずかしいのではないかと思います。

結婚は新しい事に挑戦だ

昨日また宮城のAさんからメールが入ってきました。

そこには結婚した喜びと不安が書いてあります。 花蓮社長ブログを彼は携帯で読んでいる

ので昨日の朝に彼と東京のBさんについてブログアップした事を知っていました。

名前も顔もぼかしてあるし、彼の事を正直に説明してあったので、自分なりに満足して

いましたが妻と電話している時に突然中国と電話が切れてしまってその後繋がらなくて

心配していました。 日本に来るまでと来てから、そして職探し、東京移住、何から何まで

新しいことばかかりです。 人間は新しい事に挑戦するのは心配です。

どうなるだろうと思ってしまいます。しかしこの大波を越えなければ新しい人生は見えて

きません。

アパートが見つかった

社長ブログでも書きましたが、当社で結婚を紹介したA男性が宮城県から就職の為に上京

します。 ところがそれの障害になっているのが、職探しと宿です。

たまたまこれも当社で紹介・結婚したBさんが入管の審査で不許可になり、私が紹介した

行政書士を二人とも使う事になりました。そして入管を通りやすくする為に再度ハルピンに

行く事になり、二人一緒に行ったのです。 二人は仲良くなりBさんはAさんに自分のアパートに

住めといいました。 丁度宿と職探しのために悩んでいたAさんには願ってもない話です。

一文の得にもならない話でBさんの親切にはビックリしました。

こんな話は最近聞いた事がありません。 気持の良い仲介です。

なずけ親になる

国際結婚しているA子さんが突然昨日の日曜日訪ねてきました。

用件は「今度子供が生まれるが、エコー検査で男の子と分っているので名前を考えて欲しい」と

いうものでした。

これは紹介者としては嬉しいニュースなので、喜んだのですが名前は「姓名判断」の

知識がないので、責任が重いと答えました。 そうすると「姓名判断」は信じないので

好きにつけて良いと言うのです。 生まれるのは4月だということで、私の好きな歴史小説から

頂こうかとかんがえました。 まだ時間があるので ゆっくり考えさせてもらう事にしました。

中国人の貯蓄

中国人は貯蓄が好きだと言われていますが、その理由はやっぱり社会保証制度が

整っていないため自分で身を守らなければならないからです。

無駄に使わないと言う事は、儒教の影響も多くあるそうです。 だから一般に農村の

人でも<結婚相談所>に払うお金は簡単に都合してきます。 

日本の男性の中には結納金が払えない人もいますので、返ってどちらが裕福かどうか

分らない例があります。 これから中国が一般的に発展すると、ますますこの傾向が

強まっていくのではないでしょうか。

IPAD4の偽物

久しぶりに中国専門のニュースをみました。 そこには相変わらず熱気むんむんの中国市場

の事が載っていました。 IPAD4は中国でも品不足で、中国人の心理として<見栄>が

優先しますから、最新の携帯をもつ事は重要です。 IPAD4は 携帯とPCが合体した

ようなもの、PC機能が求められます。 そこで偽物が広州近くに100社くらいあって作って

いるそうです。 値段は6?7千円 その原価は3千えんくらい そんな偽物が堂々とネット

通販で売られているという事です。 コピー天国 ですね、

中国のバブル

今日の新聞に中国の不動産バブルの記事が載っていました。

なんとサラリーマンの400倍にも達しているそうで、これは日本のバブルよりも大きな

倍率になっています。 このバブルが破裂の時期が近づいていると心配してました。

このままマンションの価格がまだ上がるのでしょうか、かならず上限はあります

その時日本で買った土地も投売りがでるといわれています。

いずれ早いか遅いかその時期が来ると思いますが、日本はそれに備えておく必要

があるとおもいます。 国際結婚はバブルがはじけたら、女性がびっくりして

対男性の条件を引き下げてくれるといいですね

国際結婚は行政書士を

最近の国際結婚のお客さんには<行政書士>を使うように勧めしています。 というのは

ここ1年の入国管理局の方針が「審査基準」を上げてきていると思われるのです。

悪い花嫁も100人のうち2?3人は混じっているはずです。 これを選別するのが入管の

仕事です。 しかし書類選別では分らない部分があると思います。 そこで正しい男性は

<行政書士>を使って自己の信用力をアップさせて欲しいのです。

余分に書士の金を払う人は余裕があって、身元がはっきりしている人です。

この意味で当社は使うことをお勧めします。

受容力が大切

国際結婚というと特別なものだと思うかも知れませんが、技術的=言葉、生活習慣、などを

抜きにすれば 暮らしていて心が相手を人間として受容しているかどうかだと思います。

やはり技術は技術で大切ですが、根本の相手を受け入れる力が必要だと思います。

やはり基本的に受け入れてもらえば相手は嬉しいし、その分返します。

俺が俺がと自分を主張しては相手が強く出ます。 だから抱擁力= 力です。

力が無い人が結婚すると力不足が起こってきます。 そこでおぎなって力をつける人は

なんとかなります。 力が無いのを気づかず 動かないのは相手のせいと責めるのは

長続きしません。 力が重要です

肉食系男子の見合い

世の中いまセンター試験が行われています 国際結婚をする方々には遠い過去の事で

しょう。 先日この寒さに関係なく熱意に燃えて盛んな男性がテレビ見合いをしました。

テレビ見合いというのも、肉食系男子にとって有効です。

肉食系というのは自分の好みがはっきりしています。 だからテレビの前に大体決めて

います。 良く見て良いか悪いかはっきりしていました。

もちろんはっきりしていて気持の良い見合いでした。 相手もこの男性を気に入って

めでたしです。 これだと結婚相談所も商売冥利に尽きますね

中国の正月は

中国の正月用品の販売が始まったと読売に載ってました。

中国の本当の正月は2月3日からです。 これは台湾・香港も含みますから総人口

15億人が祝う行事と言えます。 アメリカ・欧州は正月の祝いは地味ですからこの

賑わいは日本だけと言えます。 だからこの3/2は世界規模で見れば十倍以上の

賑わいと言う事になります。 台湾に行ったとき人々が急に荷物が片付け始めました。

「なんで?」と聞くと「今日は大晦日 あなたの相手はしてられない」 と言われたのです。

またハルピンでは爆竹がなります。 数年前までは禁止だったけれど解禁になったと

聞きました。 兄弟親戚が皆家に帰ります この帰省が民族大移動になるのです。

普段でも混んでいる列車は超満員になります。 それの原因は大きな荷物をみんなが

持つからです。

来週あたりから民族大移動が始まります。

昨晩のメールは

昨日の晩 昨年12月に結婚したAさんからメールが入った。 携帯しかもっていないので

短い文章です。 相談があった10月の頃はふざけているのかと思ってしまいました。

返事もポツン、ポツンと切れたような答え。 あとで分ったのですが携帯から短い言葉

で返事していたのです。 今後は<携帯>が増えると予想されるので「対応」を考えねば

ならないところです。 相談の内容は 仕送りいくらしたらいいかという問題でした。

1ヶ月に生活費は3万が相場だから あとは何ヶ月分送るかは「あなたのふところ」次第

と返事しておきました。

今日は成人式

冬にしては穏やかな日和です。 太陽がはっきり差して昨日までの荒れ模様の空

と大分違います。

今日は10日 成人式です 中国はあるのかいと聞くと無いと言います。

妻の顔を見ると白く日本人とそっくり、よくまあ日本の私のところに来てくれた

ものだと思います。 日本人の成人式を見ると 女の子は和服を着てみんな同じ格好

です。 日本人は横並びの意識が強いので、発展する時はみんな同じレベルまで

一緒に行きます。 (みんなで渡れば怖くない) 従って10歳以上離れたら夫婦に

なりません。 この点で中国はバラバラ ある意味で個人主義 。

国際結婚ではこれでいいのかもしrません。

若干の国情の違い

中国は一般に両親を大切にする

その傾向は農村の貧しい家庭ほど強い傾向がある。 両親が苦労して自分も子供も

育てているのを肌で感じているからだろう。日本の子供は比較的裕福だからなんでも

当たり前と思っている。 その中国の貧しい家の子供は比較的国際結婚の希望者と

なるのです。 豊かな家の子供は親元を離れて遠い日本に行こうとは思わないのが

普通です。 だから貧しい家の子は両親に愛着を持っている事が多いのです。

しかし貧しいからと言って、学歴が無いからと言ってその人は頭が大学程度の能力が

無いとか、不美人であるとか決まっている訳ではありません。

環境とは別に<本来の能力>をもっている女性がいます。

日本の男性にも能力のある人がいます。 そんな磨けば宝石に二人が出会い

女性は親孝行したいのを男性も理解する家庭が理想でしょう。

そんな結婚が昨年ありました。

男性の性格女性の性格

中国国際結婚を志向する人は不安を持っています

花嫁が日本の習慣に合うだろうか、性格が合うだろうか、悪意を持って逃げはしない

だろうか、と不安がきりがありません。

実は女性も同じ事を考えているのです。 男性の経歴を聞いてみて「これはいい人だ」

「これは結婚したら大変な人だ」と相談所も分ります。

だから女性が黙って結婚するのはハラハラする場合があります。

女性の悪意を持っているのは「分らない」場合があります。 悪意はだれでも隠します

表面に現れないのは分りにくいのです。

ハルピンっ子の冬

きょうは雪が降っています こんな寒い日はハルピンを思い出します

ハルピンは太陽が無くなるとまた一段と気温が下がります。 それはマイナス30度

ほんとに息をするのも頭がくらくら来る気温です。 ハルピンっ子はそんな夜も出かけます

昼夜とも快晴なので気温は寒くても出かけ易いのです。

そんな夜「氷まつり」を見に行った事があります。マフラーでマスクをしていないと

冷たい空気を吸って頭が痛くなるからです。 そんな中ゴーカートに乗ったり、もぐら叩きみたいな

ゲームをしたり<冬を楽しむ>姿勢がハルピンっ子に溢れています。

日本の保険はありがたい

きょう郵便箱を開けると市民病院の請求書が入っていた

総額百数万円の請求です もちろん国民健康保険が利いて安くなっています。

おまけに「高額医療費助成制度」の適用になって一定金額以上は負担しなくても

良いのです。 結局12万円の請求でした。

妻が先月中国なら100万円だよ と言った言葉が思い出されました。

病院には健康保険組合から100万円入るのです。 その差額を国が負担してくれるのです

中国なら死ななければならなかったでしょう。

日本は有難いと思った今度の入院騒動でした

新春の出来事

一月5日 仕事始めの二日目です

私たちの仕事は待ちの姿勢です お客さんが結婚する気になったらその時が仕事です

1ヶ月まえ全然結婚する気の無かったA男さんは新年急に嫁さんが欲しくなったのです。

テレビでホームドラマを見たせいでもないでしょうが、一番の原因は近くに国際結婚した

カップルがいて正月に招待されて料理を食べた事でした。

このカップルも当社が紹介して結婚式を挙げた夫婦でした。 何事もない普通の生活の

営みを見て自分も結婚したくなったのです。

生活は苦しいよ」 そのB男さんは語りました。 でもさんざん遊んだ面影は昔の事に

なってしまいました。 いまは何処へ行くのも一緒 

お金は切りきりでも楽しい日常を送っています。

A男さんは結婚を決めました 「あの奥さんみたいな女性を紹介して下さい」

仕事初め

新年も明けていよいよ仕事が始まりましたね

私ども零細企業はいつでも仕事ですから元旦から仕事してます。

そしたらホントに元旦から電話がありました。 今年は結婚したいから<良い女性>

はいませんかという内容です。

たいてい写真を見て指名して来るのですが、珍しい例でした。

今日は4日目ですが そろそろ返事が来るころです。 今年初めての紹介が成功すると

いいですね。 今年は兎歳 ピョンピョン跳ねて男性も女性も幸せになると良いですね。

箱根駅伝

正月3日は箱根駅伝の復路です あさ8時芦ノ湖を出発した各チームは雪が花のように

咲いた山道をひた走りです。

山の途中で東洋大学を早稲田が抜きました。

前日の山登りでごぼう抜きをした東洋を抜き返したのです。 箱根駅伝は正月の日本人を

興奮させます。 沿道には何十万という声援が詰め掛けています。

中国人の妻には珍しい風景です。 日中の文化の違いでしょうか。

この駅伝を見ないと正月が明けません。

謹賀新年

箱根駅伝を見ています 今3区にバトンタッチしました 早稲田が首位を走っています

今年はこれから妻とショッピングセンターに買い物に行く予定です。

昨日の元旦は初詣に行きました。 箱根駅伝の3区は私が生活した町藤沢です

遊行寺の前を通り海岸に出ます 烏帽子岩が見えサザンロードです

昔と今中国人に妻をもらった新しい人生が始まっています。

箱根駅伝を見て、今年も始まるのです。

よろしくお願いします

あけましておめでとうございます

謹賀新年 今年はいい年にしたいものです

結婚相談所に相談する人は多少緊張感を持ってこれからだまされないだろうか

良い女性を紹介してくれるだろうか

性格の悪い人ならどうしようかと思っているかもしれません。

そんな中で相談所の方も良い仲介になるだろうか、悪戯を持った悪意の男性

でないだろうかと心配します。 疑わないと騙されてしまいます。

疑い過ぎると普通に真面目な男子だったら申し訳ない気がします

そんな最初の出会いは<見合いより>出会いの成功の確率は低いのです

今年は良い男性に巡り合いたいものです