2010年10月アーカイブ

日中交流 国際結婚が多い

レコード・チャイナによると、日中国際結婚が1万組を越えたそうです

男性が中国人という例も1000組あるそうで、盛んになってきています

その結果混血ベービーも日本人は男性の場合も4269人

中国人が男性の場合も1120人になっています

このように 日中はいま政治が関係が悪いですが、人民は関係なく

交流が進んでいます

最後のカード

早すぎた輸出禁止。

レアーアースの90%を中国から輸入していると数年前に聞いて

これは危険だと思ったのです。

結婚相談所のオヤジが心配する問題ではないので、忘れれてしまいました

ところがそれが今年10月 突然輸出禁止となって現実実を帯びてきました

今日のニュースで輸出が再開されると報じていました。

日米ともにそんなことでは<安心>するわけがありません 協議するそうです

ただ今頃 なぜと思うのです、 最後のカードを今頃中国が切ったのがわかりません

日中の体育の違い

今日のレコード・チャイナに日中の学生の体力の差が載っている

ご存知のように 中国は受験勉強の物凄い競走です

なにしろ何億という人が、いくら大学があるからと言って 狭い門に殺到

するのですから寝る間も無いとはこの事です。

ですから「体育」なんかは眼中に無く、ひらすら暗記です

日本はこの点 体育もある程度力を入れて、部活も盛んです

これが日中の体力の差になって現れたそうです

失策だった

今日のレコード・チャイナに面白い記事が載っていた

中国が尖閣問題で間違いに気づいたというのです。 中国の中でも強行なグループは

一気に尖閣を占領できると思ったらしいと言う。 先にも書いたように「情勢判断の誤り」

です。 反日デモを指揮したり、それが自らの政権批判に結びつきそうになって来て

国際世論は中国恐ろしになり、国際包囲網アジア版NATOの構築を促してしまった。

北の哨戒艇沈没を非難しなかった事、ノーベル賞に圧力かけて国際社会の笑いもののなった事

レアアースを輸出禁止にして中国は当てにならないと国際社会に思われた事など

失策続きだそうです。

デモの変質

反日デモが変質してきたそうです

その内容に官僚の腐敗や住宅価格の高騰、一党独裁を止めて多党の

しろ、とか政権批判を強めているそうです。

これは日本批判を容認してきた政府の最も恐れるところです

いよいよ<本質>が顕わになってきました

このまま抑え込まれるでしょうが、ただ地下にもぐったただけで

なくなりはしません。

行政書士の問題

入管の審査が厳しくなると共に行政書士との連携が重要になってきました

我々結婚相談所は相手のお客さんの要望に従って、女性をさがします

これも近年難しくなってきていますが、結婚した後のフォローです。

結婚までが相談所の仕事ですが、入管申請もアドバイスします

過去は自分で申請しても 通ったのですが、なんでも難しくしてしまうのが

役人の癖です。

それで要綱には無い書類の添付競争になっています。

そこは行政書士の得意分野、 われわれはお任せして指導を頼んだ方がいいのです

最近の入管は厳しい

東京のお客さんが言ってきました

やあ最近の入管は厳しいですよ」 女性の無犯罪証明も提出書類には無いけれど

添付すると良いようです。

それに自宅の謄本、預金証明などかなり細かく提出するようです

最低2回以上の中国訪問や親族の戸籍なども提出すると良いようです

こんな「困難」をのりこえて 結婚に至るわけで 最近の国際結婚は

厳しくなっています

万博騒動

橋元知事の招待を取り消した中国は、橋元知事が中国を罵倒したら

1日で取り消しを翻し、今度は招待するという

まあ子供の喧嘩のような 馬鹿馬鹿しさです。

橋元知事も今度は行くという 見事にひっくり返ったものです

万博くらいは行ったらよかろうと思います

政府と庶民は別

中国の上海市民にアンケートで聞いた結果 日本が一番人気だそうです

日中対立のさなか 庶民は意外と冷静に物事を見ています

それと同時に国際結婚も 希望女性は私には関係ないと割り切って

見合いに望んできています

庶民はしたたかです、 政府の宣伝に乗っている人もいますが

大多数は自分の考えを持っています

草の根交流でしょう

中国人観光客

中国人観光客が激減したそうです

この度の日中間のトラブルで、中国人の観光客が激減した富士山

周辺の温泉地は2000人ものキャンセルが出ているそうです

もっとも政治的不安定な関係を当てにして、商売するのは危険です

客が来なくても地道に旅館をやるしかないですよね、

また来ても今度は飽きられて 来なくなるかもしれないし、

一過性のリスクがあります

二の次三の次

国際結婚をするお客さんに良く聞かれるのですが、最近の中国情勢で

国際結婚は大丈夫ですか?

という心配です。

これは民間の末端レベルでは全然関係がありません。 花嫁も全く普段と変わらない

態度で接します。それはそうでしょう

自分の夫になるかどうかの瀬戸際です 自分中心に物を考えます。

政治のことは二の次、三の次です

中国の反日デモ

また大規模な反日デモが中国の各都市で起きているようです

成都のイトーヨーカドーでは ガラスが割られたとか

これらは全て中国政府の意図のもとに行われています

なぜなら いまの体制ではデモはすべて政府の方針のもとずいたもの以外

許可にならないからです。 尖閣が中国の領土で無いことは 中枢部は知っています

13億の民には 知らせないのです。しかし この結末をどういう風に持って行くつもり

なのでしょう。 内部でコントロールが失われているのではないかと思う節があります

誤判断の露呈

尖閣問題の総括がレコード・チャイナに載っている。

漁船の衝突が仕組まれたものかはどうか分らないが、今度の問題で日本は

脅かせば引っ込むという事がわかった。 しかし中国全体で見ると周辺諸国に

非常な警戒感を持たせてしまった事と、中国の本音は予定より早く表にでてしまった

事は失敗だったと言える。

自らの体質を上手に隠してきたのに、この政策決定は軍部であろうか、それとも

現政権のTOPであろうか いずれにしても誤判断をしてしまったものである

2種類の国民

中国には2種類の国民がいるのご存知ですか

一つは中国人と我々が呼んでいる一般の人です

もう一つは<農民>と呼ばれる人達です、彼等は都市に出かせぎに来ても

社会保障が受けられないのです。

事実上 都市に移住しても戸籍は<農民>のままです。

これは意識的に賃金を低くおさえ、社会保障費も抑える政府の政策です

C子さん憂鬱

C子さんの困った事

C子さんは40歳、結婚2年目です。 中国に20歳も息子がいます

この息子が結婚するというので マンションが欲しいから援助してくれと言って来た

のです。 C子さんの収入はパートの給料、もちろん旦那の給料はきちきちで

宛にはできません。

息子にはもう少し遅らせるように言いました。 遅らせたからといって 目途が立つ

訳ではありません。 C子さんの憂鬱な季節は続きます

韓国男性の進出

国際結婚における韓国男性の存在は ものすごく大きくなり

日本を抜いているかもしれない。

中国女性も韓国人男性を拒否しない風潮があり、テレビの韓国ドラマも

毎日のように中国で放送されており 人気も高い。

韓国男性の特徴として、決断が早いことです。 そして行動力があります

男として日本男性はまけつつあります

レアーアース2

今日のレコード・チャイナに レアアースの密輸がだいぶあるという

ニュースが載っています

世界中のレアアースの90%以上は中国産で 中国政府はこれに目を

つけ政府の統制品目に入れました

規制あれば対策ありで 加工品として輸出するのだそうです

例えば煉瓦、鉄との合金にして輸入国が鉄と分離するようにする

そうです。

身分制度

中国には身分制度が残っています

国際結婚はこの身分制度の<農民>という分類に属する女性が

登録してきます。

一般的には市民といわれる女性達はは応募しません。

しかし農民と分類されても、人に違いがあるわけではありません

立派な大卒もいるし、目の覚めるような美人もいます

在留資格の許可

国際結婚したK子さんは 最初の在留資格で不許可になりました

最近は審査が厳しいようです

長いあいだ審査を見て来ましたが、一遍で通る人もいれば

再度申請しなければならない人もいます。かならずしも男性の務め先が

絶対という事もありません。 一部上場会社でも不許可になったり

自営業でも許可になったりします。

国際結婚

結婚というからには やはり男女の相性が一番の問題になってきます

相性のいいA子さん夫婦は、互いに居ると気持がいいのだそうです

これは国際結婚に限らず、男女に言えることです

日本人同士に置き換えると直ぐ見えてきます

源因が分ってきます

仲良く温和に暮らすには、自分が温和でなければならないと思います

そうして初めて妻に温和に接する事が出来るのです

妻は必ず返します

 

いじめ

10月もはや6日になりました

国際結婚のA子さんB子さんは ふたりとも同じ蒲鉾工場のパートに

でているそうです

ところが日本人に意地悪な主婦がいて、あれ持って来いとか関係無い

用事をいいつけるのだそうです

性格の良い二人なので 私はもちろん中国の味方です

二人は早く溶け込んで 意地悪も無くなるといいですね

レアーアース

中国がレアーアースを輸出禁止にしている

これは当分解禁にならないだろう このような措置は充分の予測できた

はずです。

今日のレコード・チャイナに記事が載っている、 オーストラリアがレアアースの産出国

なのだそうです

世界の46%の埋蔵量を持っているそうです

日本もオーストラリアにシフトを考えているそうです

中国人留学生

中国人留学生は今日本に79000人いるそうです

その実態は昔は 苦学生が多かったけど 今は実家の仕送りが

豊かで働く必要の無い学生が増えているそうです

例えば焼肉やで働いて月10万かせいで、ブランド物を買ったり

日本語を覚えたり 一石二鳥だそうです

在日中国人は60万人いるそうで、そのうちの1割を占めて

います

争いは静かに

レコード・チャイナを読むと、中国政府が考えている事がわかる

中国国民には 日本が強権を発動して 今まで友好を築いて

来たけれど、突然 逮捕したと書いているのです

これは一般民衆に伝える<真実>なのです

海を隔てた国と全て、紛争を起す事は 全方位で危ないと

記事は書いています。 自身でも気が付いているのでしょう

ただ 国のなかでもいろんな考えの人がいますから

時には間違った方向にいくのでしょう

いばり散らすようになった

中国とロスアンジェルスタイムスが述べている。

アメリカ太平洋軍司令官は中国が黄海、東シナ海、南シナ海で

軍事力をつけ、軍部の力をコントロールできなくなった結果だと言っている

軍部はどうしても ある力を使いたくなるもので、これが一線を越える

と足り返しのつかない事になる と言っている

アメリカがどこまで我慢するか、一線が注目です