2010年4月アーカイブ

今日で4月も終わり

4月も最終日になりましたね

今月を振りかえるとなんと言っても天気のわるさですね、 中国のハルピンも寒かった

ようです。

中国の東北部が寒いと、てき面に日本も寒いのです。 西高東低の気圧配置ですと

たちまち日本が悪くなります。 4月末になってもストーブが手放せないなんて

異常気象です。明日から五月です、いいことがありますように。

天気もゴールデンウイークは晴れるとか言っています。5/5はお見合いです。

お互いに合意する目出度い日になるといいとねがっています

中国の本屋

中国の本屋は貧弱なのです。

街の露天で本が並べてあるのを良く見かけます。

相変わらずの三国志、西遊記、など古典物あたりさわりの無い小説。

こんな出版文化では本屋は出来ないだろうし、日本の読書時間に比べて中国の

読書時間は1/9だそうです。

出版の規制がなくならいかぎり、本屋は大きくならないでしょう

なくならない

今日のレコード・チャイナには汚職官僚の記事が載っています。

中国の汚職は酷く私の知り合いも警察にいくらか払って許可をもらいました。

こんな小さな小商人から、大きな公共事業まで官が許認可権限を持っているかぎり

そして政権自身がその権限をてばなさないかぎり汚職はなくならいのです。

チャイナは書いています。 

いままで海外逃亡した高級官僚は4000人にのぼり、一人当たりの持ち逃げした

額は13億円の巨額にのぼるそうです。

中国朝の公園

ハルピンの観光名所は 冬は氷まつり そのほかのシーズンはナンと言っても

松花江でしょう。

松花江は河幅が1キロもある大河です。 かさかさした街のなかにあって河辺は

憩いの場所です。 そこには遊覧ボートが浮かんでいます。

また中州の「太陽島」に行くために、ケーブルカーが川面に掛かっています。

河岸の公園はアカシアが植えられ、長さ5キロくらいに亘って続いています。

朝の公園を散歩すると、日本では見られない光景が展開」します

30人くらいのダンスのグループがいくつもあります。 10くらいの気功のグループが

練習しています。 また鳥かごを持ち寄って鳴き声を比べています。

立ちながらトランプをしている人、 ひとりで剣舞をしている人

日本に静かな公園とは違って、 朝の公園は活発です

マイクロソフト裁判

レコード・チャイナにこんな記事が載っていた

マイクロソフト社が中国の生命保険大手を訴えたというのである

大衆生命という大手は資本金160億円の大きな生命保険である

その生命保険が、社内のウィンドーズのソフトその他をコピーのソフトを使っているので

その損害を支払えというのである

裁判所が下した判決は3000万円の損害を弁済しろというものであった、

マイクロソフトは一罰百戒を狙って、中国の違法ソフトの一掃を狙ったもので

あるが果たして中国の違法ソフトはなくなるか

知的財産権

また万博の話題です

テーマソングの問題、シンボルタワーが似ている問題、それからマスコットが似ている問題

など上海万博は知的財産権の問題がでています。

テーマソングは中国の作曲者が全く別ものと申し入れてきて、岡本真夜側と話合って

岡本側が納得したという偽報道がなされています。

すべて上海万博側はうやむやにほっかむりで行こうとしているようです。

知的財産権はまだまだあの国ではむりなようです。

でも個人の花嫁は別、個人は別です。 今日も新しい見合いが始まります

農民

農村と都市の収入差が問題になっている

中国の近々に問題は農村の貧しさだろう、6億とも7億と言われている貧しい農村の

収入を上げることが中国を安定させる道でしょう。

農村の民工と呼ばれる人達は都市に経済発展を支える本になっています。

安い賃金で身分不安定のなか、ひたすら働き実家に仕送りします。

これらの労働者は建設現場で、町工場で働いています。

この人達は身分書に農民と書いてあります、 中国は身分制度が残っていて

農民は正式に都市に戸籍を取得できないのです。

したがっていろいろな社会保障も受けられないのです。

温暖化

ことしの寒さは異常です。 地球温暖化なんて当てにならないという気がします。

CO2削減は今や国家に大命題になって、これに逆らえば非国民といわれそうです。

ところがCO2は温暖化の原因ではないと言っている学者もいます。

結婚コラムとは一寸離れますが、花嫁の故郷黒龍江省とあまりも天気が密接に

くっついているので、いまさらながらびっくりしています。

黒龍江省では昨日も4月とは思えない寒さです。 この寒さは2日遅れで日本に来ます

日本の天気を知りたければ、ハルピンに電話すれば明日の天気は分かるのです

上海万博リハーサル

上海万博にリハーサルで20万人が押し寄せ、もう危険だから入場を止めてと

叫び声が上がったとチャイナ・レコードが伝えています。

中国人の考えかたは、秩序だって入場するなんて考えはありません、

警備用ゲートから係りの制止を振り切って入場する人があとを絶たず、これを

中継で見ていた日本人を恐怖に陥れた。 もう上海万博には行かないという人も

一日40万人の開幕予想なので半分でも、この混乱は大変でしょう。

行儀にいい日本人、行儀にかんけいない中国人この取り合わせ

 

上海万博テーマソング

上海万博のテーマソングの盗作問題です。

レコード・チャイナの在日中国人のブログが載っていました。

だれが聞いてもそっくりな曲を、これほど世界的のイベントのPRソングに使うとは

何事か、カバーなら分かるが盗作とは、しかもジャッキー・チェンやアンデイ・ラウといった

世界的にも有名な歌手を引っ張り出して、パクリを世界中にさらして恥じをかくような

もので、なにを考えているのか。とそのブログは言っています。

今日のニュースでは日本人の作曲家の了承を得て、正式に使うことになったそうです

 

結婚できない女

国際結婚相談所の来る男性のために参考のなる記事が載っていました。

それによると日本の結婚出来ない(しない)女を中国では、「剰女」というのだそうです。

中国でも学歴が高くいつまでも「結婚しない」女はたくさんいるそうで、

そんな女の特徴を挙げています。

日本男性も日本の結婚相談所で充分経験しているのではないでしょうか。

1)お金が第一で、気持ちはどうでもよい 2)三高ばかり追い求め、現実離れしている

3)自分の事が大事で、自分中心の予定を立てる 4)買い物が大好き、月給はみんな使いきる

このほかにも6項目ありますが、おなじなので省きます。

文化の差

文化の差はあるのです。 日本人の親切さは社会が教えるもの、自然と育つうちに見に着く

ものなのです。

今週のレコード・チャイナに中国人の見た日本人の見方のブログが載っていました。

あるホテルでチェックアウトすると、ベルボーイが荷物を運んでくれました。

大きなバッグと小さなキャリーバッグです。 当然そのボーイは大きな荷物を持って

くれました。ところがそれを引きずるのではなく、持つのです。 少しでも傷つけまいとして。

日本では収入の多寡、学歴に関係なく、特別な教育を受けることなくだれでも

このくらい事はできるのです。中国人はおよばないと書いています。

糖尿病

中国で糖尿病の患者が増えているそうです。

食事の西欧化が中国にも押し寄せています、それに伴って高カロリーの食事と、糖尿に対する

無知と、農村の機械化で身体を動かす事が少なくなった為と考えられます。

筆者の中国の知人にも「糖尿病」の人が何人かいます。

それもかなり悪化した人です

中国にも糖の吸収を遅くする、いろんな錠剤が売っています。 

糖の吸収を遅くするだけでは、糖尿病の解決にはなりません。やはり運動の勝るものはありません

中国と日本は逆

日本人が見た中国というブログが載っていました。

中国人は例えば、信号、駅の切符、バス停、などで並びません、

並んでいてもそれは仮の事、一旦バスがくればわれ先に列を乱します。

ところが家に帰るとゴミは散らかさない、清潔に保ちます。ところがドアの外には

全く関心を示さないでゴミが散乱していても履こうとはしません。

これは公共の場所は自由に何しても良いという考えだそうです。

日本は逆、家の中は乱れていても外は散らかせば、白い目で見られる、列を乱せば

白い目という具合に社会に監視が厳しいのです

中国の古い建物

中国で日本の古都保存法を参考にすべきという声が上がっています。

北京では清朝時代の建物が全くかえり見られず、壊されていきます。

いまの中国人には、古い建物が価値をうしなったように見えるのです。

フートンと呼ばれるコの字型になった住居は何所帯が共同で暮らす、中国版長屋です

この庶民の暮らす場所が汚いという理由で壊されいます。

私たち日本人から見ると、めずらしい中国文化のような気がします。

トイレなどを直して保存すべきです

故郷

ハルピンのホテルで目覚めると、いい天気です。

今日は妻の故郷へ行く予定です。 妻の故郷はハルピンから70キロ離れた

町です。 中国では500キロくらいまでは「近い」と表現します。

ですから 70キロはとても近いのです。 しかし わたしにはバスで2時間は遠い

と感じます。 島国からきたからでしょうか。

バスターミナルから満員バスに乗り、始めは一般道を走り、途中から高速に乗ります

途中パーキングでトイレによると、ドアがありませんでした

日本人の嫁さん

吉林省の有名大学を卒業して、日本の大手企業のに就職した陳さんは日本人の嫁さんを

貰いました。 社内恋愛です、 と言う記事がレコード・チャイナに載っていました。

陳さんの家庭では、嫁さんが日本人という事を隠していました。

やはり日本人には戦争のイメージがついてまわり、都合が悪かったのです。

ところが来た日本人の嫁さんは中国人のように声が大きくなく、かわいい声で「お父さん、

お母さん」というのです。 一遍にきに入ってしまいました。 料理も習いたての

美味しい中華料理を造ります。 うまくいきました。

中国地下街

中国は地下商店街が意外に発達しています。

ハルピンのような地方都市でも、いたるところに地下商店街があります。

それも肉や、八百屋、惣菜屋、などいわゆる地域商店が地下のもぐっているのです。

というのも繁華街でも3階以上はアパートになって、人が住んでいるからです。

一般住宅になっているので、買い物は必要です。

地上に無くても、寒い冬は地下のもぐって生活しているのです。

またファッションだけの地下街もあります。 卸商だけ集まった繊維の地下街もあります。

地上だけみていると分からないこともあります。

林志玲とは

キムタクのTVドラマ「月の恋人」の共演女優の林志玲(リン チーリン)が新しい映画に

挑戦しています。

木村拓也と上海で共演のロケを行った記事が載っていましたが、今度はその共演者の

林志玲が肉やに扮して、素ッピンでショートカットで体当たり演技をしているらしいです。

実は林志玲を知りませんが、キムタクと共演したことで興味がわきました。

5月から「月の恋人」が放映されるそうですが、楽しみに待っています。

農薬問題

中国の農薬問題はモラルの低さもあって減らないのです。

自分さえよければ、収穫量が増えればと願い農薬を使い続けるのです

ビールで有名な青島市では「毒二ラ」が、出荷されそれ食べた人は中毒を

起した。 有機リン中毒だそうで、ニラに残っていた農薬です。

季節の変わり目で虫が発生したそうで、それを退治するために使ったのだそうです。

これなどは嘘の記事で、虫は今頃少ないのだとおもいます。中国も日本もおなじような

気候で今頃は虫の季節ではありません

青島ビール

中国でおなじみのビールと言えば、青島ビールです。あとハルピンビールも有名ですが

この二つのビール会社がダントツです。

青島ビールの決算が発表されました。 中国の好景気も反映して、ビールの消費も伸びて

います。最近は強い白酒(バイチュウ)の40度・50度が避けられて、ビールが好まれて

いるのは日本と同じです。 純利益の額は前年対比80%増の12億5300万元です。

日本円で1875億円です、 この青島ビールもハルピンビールも最初はドイツ人が

造り、戦前は大日本麦酒が作っていました

リニアモーターカー

今日のレコード・チャイナにリニアモーターカーの中国版が完成したと載っていました。

これはいったどういう事だろうと思ってしまいます。この間ドイツの技術で上海空港

と市内の交通にリニアが開通したと聞いたら、もう自分で作っています。

日本はまだ実験線を走っている段階です。いつまで日本は実験線を走っているのでしょう

こんなにパクリでも早く作ってしまうなら、これども良いような気がします。

航空機でもそうです。中国はアメリカに遠慮がないから、戦闘機でも、旅客機でも直ぐ

国産にしてしまいます。

月の恋人

キムタクが上海でテレビドラマのロケをしています。 「月の恋人」のロケだそうです

出演しているのは台湾の女優 林志玲 リン・シーリン です。

キムタクは中国でも人気です、 うちの中国人スタッフもキムタクと言っています。

このロケの後で 共演の林志玲とディナーを共にして 豚の角煮、鳥の紹興酒蒸、上海風南蛮漬

などを食べたそうです。

人気者は中国に行っても得ですね

中国列車

中国を列車の旅をしたことがあります。 これが大変 たぶんコンピューターが導入されて

いないせいでしょう。 座席指定が無いのです。 乗客は1時間もまえから待合室に集まり

ます。それが体育館みたいな待合室です。 それがいくつもあるのです私の乗った駅は

ハルピン駅ですがそれは大きいのです。

その待合室のいると、次々に出発の列車の時間が来ると100メートルも並んで改札口から

入っていきます。 自分の番が来て気がつきました「発車10分前」なのです。

なんでこんなに遅く開けるの」と思うのですが、連絡橋の上をダッシュします。

入ってくる列車が連絡橋の上から見えます、 ところが各列車の入り口に殺到するのです

これでは待合室で並んだのはなんの意味があったのだと思ってしまいます。

なにが儲かるか

中国の経済発展のなかで、何にたずさわれば儲かるのだろうか。

それは日本の昭和30?40年代を例のとると良く判るのです。

住宅、家電、自動車、です。 先ず不動産は毎年20%ずつ上昇していきます。

いままで劣悪な住宅環境にいたわけですから、この住宅から抜け出したいと

考えるのはだれしも人情です。 だからマンションを供給する業者は需要に限りが

ありません。 次にテレビ・エアコン・冷蔵庫・パソコンなど電気製品です。

これも膨大な需要があります。 自動車です 中古車・タイヤ・カー用品などきりがありません

ひとさらい

中国の社会には根底に日本と違った問題を抱えています。

それは子供の売買です、 中国は子供は外で遊びません、小学校から母が迎えにいきます

それは子供がいなくなるからです。

当社のスタッフの王さんが言ったことばが印象に残りました。 それはある時日本の小学生

が一人で学校から帰って行くところで、「中国ならさらわれる」と言いました

中国では子供は一人で歩かないそうです、ひとさらいがいるからです。

日本のむかし「ひとさらい」という言葉を聞いたことがあります。

そんな中国の状況なのですね

映画

レコード・チャイナではハリウッド映画の収入は中国では、1年間に6倍になったと伝えている

世界全体では7.6%増の300億ドルでしたが、中国では43%増のの9億900万ドル、

北京だけ限ってみれば52.8%増の1億1870万ドルになるそうで、世界平均の7倍です

中国人はビデオ・映画を良く見ます、このなかには海賊版は含まれいないでしょうが

中国の電気店に行くと平気で、海賊版が山積みになっています。

わたしも中国語が判れば、買おうかなと思ったことがあります

リサイクル

今朝のレコード・チャイナにペットボトルの記事が載っていた、 ハルピンでも見かける光景

だがペットボトルは道の捨ててあっても、やがて回収するリヤカーのオジサン達が来て

拾っていってしまうのです。

この先はどこへ行くのだろうと思っていたら、今日の記事に載っていました。

それはリサイクルするのでは無く、集積場に単に集められ埋めるのはあまりも

多くだだ野積みなっているのです。 中国はいまだだ作るだけでそのボトルの回収まで

頭が廻っていません。 西安市のペットボトルの集積場の写真があります。

彼等が集めたペットボトル190万本、50トンがある山をまたその向こうに捨ていっている

写真があります。 中国は30年まえ飲み物は自分でお茶を水筒に入れて持参した

ものです。 完全なリサイクルでした。

地価高騰

中国の不動産バブルは続いているようです。 わたしの知っている中国人も持っている

マンション・貸し店舗の値段が買った時の倍になったとよろこんでいます。

中国工商銀行は2軒目の住宅のローン金利を、頭金4割にするという政府に通達

を発表しました。これは不動産投機を抑えようとする政策です。

ここまで投機が深刻になっていることを示します。 一番地価が値上がりした6大都市

は北京・上海・深浅・天津・杭州・チンタオだそうです

中国経済

中国の吉利自動車がボルボを買収しました。 ついに欧州の有名メーカーが中国に買収

される時代がきたのですね、それはIBMが中国に買収されてレノボになったのが先駆け

のようなものです。

中国に富が集中するのは安い労働力で先ず、富が流れこんだ事、それに付随して

鉄鋼。化学、機械などの国内産業が発達を遂げ、やがてその富が先進産業に集中

して有名メーカーの買収資金になっていったのでしょう。

その富は下のほうに降りてきて末端の人にも少しずつ溜まってきています。

中国の最も美しい農村

今日のレコード・チャイナに中国の最も美しい農村として、江西省源県の風景が載っています。

エメラルドブルーの湖に「月亮湾」と言われる三日月型の陸地が突き出しています。

同村は陸の孤島だった為に、明時代の建物がそのまま残り、美しい農村風景が保存

されています。 中国の農村は白物と言われる「ビー二ール」のゴミが、堆積しています。

筆者も農村に行きましたが、川の土手は何十年のビニールで真っ白(真っ黒)になって

います。 中国では公共に場所を掃除するする習慣が無いもので、ゴミはたまりっぱなし

なのです。農村ほどビニールゴミの散乱で汚れています。

そんななか源県ではペットボトル、ビニールはないのでしょうか

話ベタ

今日から4月です、あたらしい出会いが始まる季節です。 学校、職場で新しい出会いの季節

です。 わが国際結婚でも新しい出会いを求めて人が集まります。

昨日31日 面白い電話がありました。 中年の女性からです 本人曰く55歳だそうです

「わたしのお客さんで26歳の青年がいるんだけど、183センチで一部上場の会社なんですよ」

と言います。 さらに続けて「でも女性と上手く話が出来なくて、先日も女性を紹介したら

即日断ってきた」と言うのです。 それは国際結婚がいいですよ、わたしは勧めます

国際結婚は「中間の付き合いが無い」のです、「話べた」でも「いい人」には最適ですよ

勧めました。 こんど来るそうです